ようこそ! ピンホールカメラを使って作品作りをしています。

EOS 80Dを2022年から使い始めることのメリットとは

EOS 80Dを2022年から使い始めるメリットとは
動画機としての使い道


重視した動画性能

  • フレームレート:24fps
  • 圧縮:ALL-I
  • ビットレート:90Mbps(MOV)
  • AF:顔認識、追尾優先(動画サーボAFあり)
  • 露出:自動露出/マニュアル露出

EOSではフレームレート24fpsが設定できる機種が少ない。

  • できる機種
    80D / Kiss M2 / R / 5D MarkⅣ / M200(4Kのみ)
  • できない機種
    RP / 6D MarkⅡ / 90D / M6 MarkⅡ /

EOSでALL-I収録ができる機種が少ない

  • できる機種
    80D / 5D MarkⅣ(4Kでは不可) / R
  • できない機種
    RP / 6D MarkⅡ / 90D / M6 MarkⅡ / Kiss M2 / M200

不利な点

  • FHD記録(4Kは収録できない)
  • IBIS(ボディ内手ぶれ補正)が搭載されていない。

使い道

  • 2カメとして
    インタビュー動画や商品レビューなどの2カメで使う場合、APS-Cサイズである為、望遠寄りにしやすくインタビュー動画ではクロースアップショットが撮りやすい。
  • Vlog機として
    EF-Sレンズが使えるということは軽いレンズが使えるということで、手持ち撮影に有利。何より80Dの絵が綺麗な事もある。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional